フランチャイズ で独立も夢じゃない|輝く未来に向かって挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアーサロンを作る

男女

お店を作るにあたって

美容室の開業にあたっての費用は、敷地面積、外観から内装設備の選ぶ内容によって金額がかなり変わってきます。一番費用を安く抑える方法として知られるのが居抜き物件です。美容室を経営していたが、何らかの理由で撤退してしまったという空き物件を引き継いで美容室を出店するならば、かなりの金額が浮くことでしょう。居抜きを使わず、テナントを借りて小規模ながらの美容室を開業するなら、400万〜500万ぐらいの工事費用と、その他、美容設備と道具代で1店舗オープンできるという目安があります。規模の大きな、常時スタッフが5人以上の体制で、大手の美容チェーン店並みの店を作るのならば、更に金額が跳ね上がります。人通りが多く、近隣に住む人口が多い地域を頭に入れて開業することが望ましいです。

美容店の特徴

美容室を開業するにあたって、お客さんに、どういった内容が得意な店であるかといった特徴を掴んでもらうのが一番の顧客の定着に繋がります。美容といっても、カット、カラーリング、パーマ、ヘッドスパ、ネイルやメイクアップまで多岐に渡る技術やサービスがあります。これら全てを揃えている店も、なかなか無いでしょうし、開業段階で全部を揃えるということは、更に費用や人件費がかかってしまいます。ですから、基本のカットやカラー、ヘッドスパなどの技術から、接客サービス、料金設定など、地域のお客に何を選んでもらえるかといった、お店の特徴を打ち出していくことが必要になります。近年では美容室と言えば女性客というイメージが強かったわけですが、男性客やお子様も多く来店されるようになり、女性だけの専門店的なイメージが薄くなってきました。